Instagramのハンドメイド作家でフォロワーが少ない人の特徴まとめ

Instagramのフォロワー少ない人の特徴 販売

・Instagramに投稿しているのにフォロワーが増えない

 

・ハンドメイド作品を買ってくれる人にフォローしてほしい

ハンドメイド作家さんの中には、Instagramで集客したいと思っていてもうまくいかなくて悩んでいる人も多いと思います。

そこで、8年間のレザークラフト販売でずっとネット注文を受けつづけていた筆者が、

「Instagramでフォロワーが少ないハンドメイド作家さんの特徴」で気づいたことをまとめてみました。

マーケティングの勉強もしてきたので、それなりに信用できる内容になっていると思います!

レザ森
レザ森

答えはそれぞれ違うので、ひとつの意見として読み進めてもらえたら幸いです!

Instagramの運用方法が学べる本をまとめた記事もどうぞ▼

>>Instagramのハンドメイド集客が具体的にわかる4冊と無料で読める方法をご紹介

Instagramのハンドメイド作家でフォロワーが少ない人の特徴とは?

Instagramのハンドメイド作家でフォロワーが少ない人の特徴は以下の通りです。

・特徴①:投稿数が少ない

・特徴②:写真に魅力が足りない

・特徴③:同じような商品の写真ばかり載せている

・特徴④:作家側が使うハッシュタグをつけている

・特徴⑤:フォロワーの多い人から学びきれてない

まずは簡単にできる対策からしていけば、反応は変わってくるはずです。

順番に見ていきましょう。

特徴①:投稿数が少ない

これは前提条件の部分ですが、投稿数が少ないとフォロワーは増えません。

毎日投稿するのは大変だと思いますが、いかにコツコツ積み上げてけるかが最大のポイントです。

Instagramは「この人いいな」と思った人を気軽にフォローしてくれますが、気が向いたときに投稿する程度だと、せっかくフォローしてくれた人も離れていってしまうでしょう。

投稿内容を工夫しながら、1日1~2回は投稿するのがおすすめです。

特徴②:写真に魅力が足りない

Instagramは写真の印象が一番大切といっても過言ではありませんよね。

ハンドメイド作品の魅力的な撮影方法は、ネットや本などでたくさん情報があるのでぜひ参考にしながら、できるだけ良い印象の写真を投稿しましょう。

特に、作品を置いただけの画像ばかり載せている方は、撮影の仕方を変えてみるのがおすすめです。

ファッション雑誌や通販カタログを見て「いいな、欲しいな」と思う写真を思い浮かべてみてください。

モデルさんが着用していて、どんな雰囲気かがわかりやすいものが想像できませんか?

Instagramに投稿する写真も同じで、「これ欲しい」と思ってもらうためには、『これを着用するとこんな感じになりますよ』というイメージを具体的に見てもらうことが大切です。

自然光を利用してみたり、外で撮ってみたり、家族に協力してもらったりしながら、どんな写真が自分の作品の魅力を伝えられるのかを一枚一枚こだわって撮影してみてください。

きっと、印象が変わると思いますよ。

特徴③:同じような商品の写真ばかり載せている

たまには商品以外の写真を載せてみるのも良いかもしれません。

作業風景だったり、今作ってる作品のパーツだったり。

いつも同じ感じの作品ばかり投稿していては、見ている側の興味を引くのは難しいです。

メリハリをつけて投稿すると、フォロワーは飽きずに見ることができますし、「いいね」がたくさんついた写真がどんな内容だったのかを知ることができます。

「いいね」がたくさんついたり、コメントが来たりして反応が良い投稿を研究してみましょう。

・作品が良かった

・写真の撮り方が良かった

・投稿の時間帯が良かった

・ハッシュタグが良かった

など、研究材料をたくさん集めて反応のいいものを自分で見つけていくことで、多くの人に興味を持ってもらえます。

最近では動画投稿も流行っているのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

特徴④:作家側が使うハッシュタグをつけている

よく「#ハンドメイド」ってつけてる作家さんを見かけますが、それって多分ハンドメイド作家さんが使うハッシュタグです・・

本来つけるべきハッシュタグは、自分の商品を買ってくれるお客さんが検索するであろう言葉ですよね。

例えば「#〇〇コーデ」や「#30代ファッション」などは、自分よりおしゃれな人がどのような格好をしてるのか見たい・よければ自分も同じ格好をしたい。と思っている層が使うハッシュタグです。

ということは、そのようなハッシュタグ検索をしたユーザーは「自分もこんな風に素敵に人から見られたい」と思う写真を見つけたとき、「同じものを身につければ自分もそうなれるかも」と思うかもしれません。

そこに商品リンクがあれば、きっと興味を持ってもっと詳しく商品を見てみたいと思い、販売ページに行くはずです。

このように、自分の想定したお客さん(ターゲット)に、買いたくなるような写真を探してもらえるツールが「ハッシュタグ」なので、ここをうまく使いこなす必要があるでしょう。

自分が見つけたい写真を検索するときに、どのようなハッシュタグを使っているかを考えてみるのが一番わかりやすくておすすめです。

ターゲットについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にどうぞ。

>>ハンドメイドが売れない人は【脱 売れない作家】を目指しましょう

特徴⑤:フォロワーの多い人から学びきれてない

Instagramでフォロワーを増やすコツの多くは、フォロワーの多い人から学ぶことができます。

「この人みたいな作家さんになりたい」という、ハンドメイド作家さんを見つけたら、

・どんなプロフィール?

・どんな写真を投稿している?

・投稿頻度は?

・ハイライト機能やその他の機能の使い方は?

などをチェックしてみて、自分が「これやったらフォロワーにとってわかりやすいだろうな」と思うポイントはどんどん取り入れていきましょう。

Instagramは、コミュニケーションが気軽に取れるツールのひとつです。

フォローしてくれた人とのコミュニケーションを大切にしたり、自分が本当にいいと思った人や投稿に「いいね」や「コメント」をつけることで、横のつながりを増やすことができます。

レザ森
レザ森

適当にいいねやコメントをつけても、悲しいくらい意味がありません。

大切なのは表面的なテクニックよりも、『お客さんになる人』が興味を持ってくれる人ってどんな人かを考えることです。

お客さんを集めるというよりも、自分のファンになってくれるような人を集めるイメージで、「この人の投稿見逃したくない」と思ってもらえるような投稿をしていく方が、うまくいきやすかったりします。

そして、フォローしてくれた人にさらに興味を持ってもらい「この人の作品が欲しい」と思ってもらえるまでフォロワーの気持ちを作っていきましょう。

難しいかもしれませんが、これがSNSから商品を買う人の一連の流れと心理です。

Instagramでの集客や販売は、企業も参入するほどちゃんとしたビジネスができる場でもあります。

ビジネスのことを何も知らない場合は、考えられることに限界があるので、一度本を読んで学ぶのがおすすめです。

こちらでおすすめ本を紹介していますし、全部無料で読めるので、さらに具体的なInstagram集客の方法を学んでくださいね。

>>Instagramのハンドメイド集客が具体的にわかる4冊と無料で読める方法をご紹介

本を読むと、Instagramへの取り組み方がきっと変わりますよ。

Instagramのハンドメイド作家でフォロワーが少ない人の特徴まとめ

何かを買う前にSNSで本当にいいものかをチェックのって今や当たり前になっています。

ということは、SNSを使っている人の中には、たくさんの「未来のお客さん」がいるということですよね。

Instagramはハンドメイド販売の広告にすごく相性のいいツールです。

・どんな人が自分の作品を欲しいと思ってくれるのか?

・どんな作品に反応がいいのか?

を研究して、Instagramの取り組み方を改善してみてくださいね。

Instagramを使ってたくさんの人に素敵なハンドメイド作品が広まることを願っています

スポンサーリンク
レザ森の中の人
レザ森

皮革業界で働き、個人でレザークラフト制作&販売を8年間やっていました。
 
今は、レザークラフトを楽しんでもらえるように、このサイトを運営しています。
 
自身の経験から、販売ノウハウもお伝えしていきます!
ぜひ一緒にレザークラフトを楽しみましょう♪

レザ森をフォローする
販売
レザ森をフォローする
レザークラフトの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました